2017.07.06 Thursday

HELLHOUND presents "LONG LIVE THE LOUD" 東京編、いよいよ明後日開催!

0

    はいどうも、はまっちです。

     

    HELLHOUNDがお送りする灼熱のメタル・インフェルノ…"LONG LIVE THE LOUD"東京編、遂に明後日の開催となりました!

    5月の大阪編に引き続き、この土曜も都内各地でキョーレツなメタルライヴやメタルイベントが開催されるようですが、我々だって負けちゃいませんぜ?

     

    というわけで。

    改めて、出演6バンドを動画でご紹介いたしましょう。

     

     

    1番手!

    地獄のヒーロー!

    THUNDERWARRIOR!

     

     

     

    2番手!

    R&Rハードドランカー!

    BRUNET BULL!

     

     

     

    3番手!

    鮮烈メロディックハード!

    JULiC!

     

     

     

    4番手!

    復活のエース・ナンバーワン!

    DUEL!

     

     

     

    5番手!

    宇宙最強ギャルバン!

    FATES!

     

     

     

    6番手!

    徹頭徹尾ヘビーメタル!

    HELLHOUND!

     

     

     

    そして改めてイベント詳細、ドーン!

     


     

    2017年7月8日(土)

     

    HELLHOUND presents "LONG LIVE THE LOUD" vol.7

    The Beauty & The Beast - 美女と野獣 : 東京 死闘編

     

    Venue : 東京・吉祥寺CRESCENDO (http://www.kichijoji-crescendo.net/

     

    Open / Start 16:30 / 17:00

    Adv. / Door : 2,500yen / 3,000yen [+ 1drink]

     

    [Act]

    THUNDERWARRIOR 17:00-17:30

    BRUNET BULL 18:40-19:15

    JULiC 18:40-19:15

    DUEL 19:30-20:05

    FATES 20:20-20:55

    HELLHOUND 21:10-21:45

     

    HELLHOUND presents "LONG LIVE THE LOUD" vol.7 The Beauty & The Beast - 美女と野獣 : 東京 死闘編

     


     

    というわけで!

    今週土曜日は吉祥寺CRESCENDOでLLL!

    地獄のようにロックしな!

    そしてメタルで殺るんだ!

     

     

    御来場、心よりお待ちしております!

    2017.06.26 Monday

    レッキンさんの2017年初ライヴ、決まったヨ☆

    0

      はいどうも、はまっちです。

       

      都合で本番直前のライヴハウス入りするも、会場到着と同時に場所を間違っていたことが判明して顔面蒼白…

      そんな素敵な夢で目が覚めました。

      何の暗示や…

       

      それはさておき、去年12月以来となりますWRECKING CREWのライヴが決定いたしましたよ皆さん!

      めでたい!

       


       

      2017年8月12日(土)

       

      RIVERGE presents "CROSS BREED DEVICE BEAT" vol.19

      END ALL ”SIGNS OF LIFE"レコ発LIVE

       

      Venue : 大阪・心斎橋CLAPPER (http://www.clapper.jp/

       

      Open / Start 18:30 / 18:30

      Adv. / Door : 2,000yen / 2,500yen [+ 1drink]

       

      [Act]

      RIVERGE

      END ALL

      CLANDESTINED

      IMPALER

      WRECKING CREW

       

      RIVERGE presents "CROSS BREED DEVICE BEAT” vol.19

       


       

      長年お世話になっておりますRIVERGEパイセンの企画イベントに久々の出演。

      我らが『世界のサトツ』先生率いるスラッシュメタルバンド・END ALLの大阪レコ発イベントにイッチョ噛みさせて頂きます。

      国内スラッシュメタルシーンにその名を轟かす、実力・知名度共に文句なしの超テッパンな方々がドドンと出演!

      速くないのウチだけですからね(笑)

       

      お盆休みの時期ではございますが、熱帯夜にメタルとビールでガツーンと盛り上がろうではありませんか。

      皆様の御来場をお待ちしております!

      2017.06.25 Sunday

      チルド・トラップ、あるいは常在戦場

      0

        はいどうも、はまっちです。

         

        近所のスーパーマーケッツでお買い物中のこと。

         

        「おっ、チルドの餃子が1袋12個入りで100円?!これはお買い得だ!」

        と食指を伸ばした瞬間、ふと嫌な予感がして裏面を見ると…

         

        チルド餃子100円

         

        紀文の水餃子は、中国の陰陽五行の考えのもと、五色(赤、緑、黄、白、黒)の食材を使用しています。

         

        赤…豚肉

        緑…キャベツ・ニラ

        黄…大豆

        白…玉ねぎ

         

         

        注意書き

         

         

        黒…しいたけ

         

         

        案の定!

        即死案件だったよ!

        こんな恐ろしいトラップが仕掛けられていようとは、やはり連中の狡猾さは油断がならないと確信できる!

         

        それにしてもどうだね、この極限まで研ぎ澄まされた危機察知能力!

        我ながら末恐ろしいぜ…

         

         

        敢えて言おう。

        常在戦場の精神とは、こういうことだと!

        2017.06.24 Saturday

        うんどうかい2017

        0

          はいどうも、はまっちです。

           

          本日は毎年恒例、幼稚園の運動会でございました。

           

          運動会グラウンド

           

          今年は奥様がPTA役員を担当している関係で、 ビデオ及び写真の撮影を一任されたわけですが…

          (よってスマホでの写真は殆ど撮影できず)

           

           

          判らん!

           

           

          同じ体操服で同じような背格好で同じような髪型をしたチビッコが何十人もチョコマカと動き回ってるわけで、その中から1人を見つけ出すのは至難の業!

          ましてや徒競走なんて、どの順番で走ってくるのか判るわけがない!

          最終的には全然関係ない他所の子をビデオカメラで追いかけまくってる始末…

          そんなね

           「液晶モニター越しに被写体の気配を感じる」

          とかね、ニュータイプみたいな芸当が出来れば苦労はしません!

          人がそんなに便利になれるわけ…ない。

           

           

          要は炎天下でクッソ疲れたということです。

          なので、自分への御褒美を。

          唐揚げを崇めよ。
          そして半額おつとめ品は神。
          半額唐揚げ
          しかし長女様は今年で幼稚園運動会もラストなんだな〜
          早いもんだ、ホントに。
          2017.06.23 Friday

          2017夏アニメ (201707-201709)

          0

            はいどうも、はまっちです。

             

            早いもので2016年冬アニメも順次終了。

            ということは、次のクールが近付いてきたということであります。

            2017年夏アニメ、気になっている作品は…

             

             

            賭ケグルイ : 毎日放送 7/1(土) 26:35〜

            http://kakegurui-anime.com/

             

            将国のアルタイル : 毎日放送 7/7(金) 26:25〜

            http://project-altair.com/

             

            バチカン奇跡調査官 : KBS京都 7/14(金) 25:30〜

            http://kisekichosakan.jp/

             

            地獄少女 宵伽 : 毎日放送 7/14(金) 27:10〜

            http://www.jigokushoujo.com/

             

             

            これぐらいかな?

            まるで狙ったかのように毎日放送ばっかりですが(笑)

             

            なんにせよ、この夏もフィーバーできそうだね、ママ!

            2017.06.22 Thursday

            イヤホン御購入の巻

            0

              はいどうも、はまっちです。

               

              さて。

              アマゾン・ドット・シーオー・ジェーピーから荷物が無事届きました。

              それだけでなんか勝ったような気分です(笑)

              ほら、例のヤマト運輸撤退からコッチ、よく判らない業者が配送を請け負っているって話じゃないですか。

              遅配だの商品事故だのなんだの、ロクな話題がないので、少なからず心配しておったのですよ、ボカァ!

               

               

              で、何を買ったかと申しますと、イヤホン。

              いつぞや、したたかに痛飲した夜に愛用していたイヤホンを無くしてしまって以来、iPhone付属イヤホンでお茶を濁す日々…

              いや、なかなかどうしてApple純正イヤホンも馬鹿にできないなぁとは思っておったのですが、それはそれとして。

               

              スマホでの音楽動画視聴にバンドリハーサルでのクリック音出力。

              とにかくアテクシは使い方が荒いので、比較的リーズナブルな価格帯のものを色々探してたんですが、最終的に落ち着いたのはこの機種であります。

               

              Newイヤホン

               

              ソニー SONY イヤホン XBA-C10 : カナル型 バランスド・アーマチュア型 グリーン XBA-C10 G

               

               

               

              アマゾンドットコムで購入のお値段3,000円チョイというところ。

              同価格帯の商品を色々と比べてみた結果、コレが一番心地良く聞こえたということでね。

              歳のせいなのかなんなのか、低音が極端にブースとされるタイプは聴いててすぐに疲れてしまうんですよね〜(笑)

              その点このイヤホンは、非常にスッキリとした聴き味というかバランスが非常に優れているという印象を持ちました。

               

              そして何よりも奇遇なことに。

               

              回り回った挙句、最後に選んだのは結局以前使ってたのと同じモノでした(笑)

               

               

              買うと決めるまでそのことには全く気付いていなかったんですが、やはり好みというのは変わらないというか、嘘をつかないというか(笑)

              2017.06.21 Wednesday

              【ニュースで戯言】 トレイン・ケプト・ア・ローリン

              0

                はいどうも、はまっちです。

                 

                久々にニュースネタいきましょうか!

                 

                いや、安心して下さい。

                ネトウヨ系ではないです(笑)

                最近、そっち系の話題はスッカリ食傷しちゃいましてね…

                また民進党絡みでファッキンクールなネタがあれば積極的にイジるとは思いますが、今更レンホーだの鳩だの、新鮮味も無いでしょ(笑)

                 


                 

                JR西、料金安めの長距離列車導入へ 20年夏までに

                 

                朝日新聞デジタル 6/20(火) 19:49配信

                 

                R西日本は20日、京阪神と山陽、山陰地方を結ぶ長距離列車を新しく導入すると発表した。既存の電車を改造し、2020年夏までに走らせる。

                料金は現在の運賃や特急料金などをベースとし、17日に運行を始めた豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」(1人25万〜125万円)と比べると、かなり安い設定となりそうだ。

                 

                新列車は、旧国鉄時代から走り、滋賀県や岡山県で普通・快速電車として運行している117系を改造。

                6両編成の約100人乗りで、5両に個室やフルフラットシートなど車両ごとに異なる指定席を設け、残り1両は食事や歓談ができるスペースにする。

                駅では沿線の飲食物を販売し、夜行の運転も予定している。

                 

                JR西の来島(きじま)達夫社長は20日の記者会見で、「地域と一体となり、瑞風とは別の気軽に乗れる列車にしたい」と述べた。

                料金については、「一つの物差し」として大阪―出雲市駅間(約7千〜約2万3千円)を例に挙げた

                 

                https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000094-asahi-soci

                 


                 

                おお、これは素敵ニュースじゃないですか!

                国鉄民営化以来30年、徹底的な効率化とスピードアップに注力してきたJR各社。

                新幹線から食堂車が消え、夜行列車は軒並み廃止となり、そもそも長距離列車自体が数えるほどになってしまいました。

                 

                しかし、かの『ななつ星 in 九州』の登場により、鉄道が単なる移動手段ではなく優秀な観光ビジネスコンテンツになり得ることが証明されたことで、風向きが少しずつ変わってきたように思います。

                贅の限りを尽くした豪華クルーズトレインを筆頭に、今やJRのみならず私鉄各社も様々なスタイルの観光列車を開発・運行しているのは皆様ご存知の通り。

                 

                そして今回、また新たなるコンセプトによる観光列車が登場するということで、期待は膨らむばかりでございます。

                 

                 

                で、まさかの117系魔改造というのが、更に鉄道ヲタのロマンを煽るじゃないですか。

                従来なら改造のタネ車となったであろう485系や165系といった旧国鉄型の特急用車両や急行型車両が既に減益を退いているという事情もあるとはいえ、まさか117系が抜擢されようとはね。

                西日本エリア(直流電化区間)限定なのか、あるいは北陸エリア(交流電化区間)も走行できるように電装系から総とっかえするのか…

                 

                 

                刮目させてもらうぞ、西日本旅客鉄道株式会社!

                2017.06.20 Tuesday

                【プレイバック・20 Years Ago】 vol.1 『SHADOWLIFE』 by DOKKEN

                0

                  はいどうも、はまっちです。

                   

                  この2017年がTM NETWORK「Get Wild」30周年記念Yearであることは言うまでもございませんが、そこから派生して、色々と考えてたんですよね。

                   

                  「30年前に発売された作品と言われても、当時は殆ど音楽なんて聴いてなかったからなぁ…」

                  「だからといって10年前の2007年まで来てしまうと、感覚として余りにも直近すぎて振り返るという感じでもないんだよなぁ…」

                  「じゃあ20年前、1997年というのがちょうど良い塩梅なんじゃないかしら?!」

                   

                  ということで!

                  新企画始動いたします!

                  題して

                  『プレイバック・20 Years Ago』

                  ということで、20年前の音源を改めてピックアップしてみようという塩梅でございます。

                   

                  …しまった、こんなことなら昨日のゴミみたいな日記の代わりに

                  「明日、当ブログに関する重大告知があります」

                  って勿体つけとけば良かった!

                   

                   

                  ちなみに20年前といえば1997年。

                  例えば、こんなことがありました。

                   

                  日本においてもインターネットの普及が本格化(それでもネット普及率は10%未満)

                  消費税が3%から5%に

                  フジテレビ本社、お台場へ移転

                  秋田新幹線開通

                  『ファイナルファンタジーVII』発売

                  たまごっちブーム

                  酒鬼薔薇事件

                  ダイアナ妃事故死

                  香港返還

                   

                   

                  ぶえ〜

                  このへん20年前の出来事なのか!

                  それだけでもう吐きそう…(笑)

                   

                  というわけで、記念すべき1回目は、コレだ!

                   


                   

                  【プレイバック・20 Years Ago】 vol.1

                  『SHADOWLIFE』 by DOKKEN

                   

                  『SHADOWLIFE』 by DOKKEN

                   

                  Released : April 15, 1997

                   

                  [Track List]

                  #01 Puppet on a String

                  #02 Cracks in the Ground

                  #03 Sky Beneath My Feet

                  #04 Until I Know

                  #05 Hello

                  #06 Convenience Store Messiah

                  #07 I Feel

                  #08 Here I Stand

                  #09 Hard to Believe

                  #10 Sweet Life

                  #11 Bitter Regret

                  #12 I Don't Mind

                  #13 Until I Know (Slight Return)

                  #14 How Many Lives

                  #15 Deep Waters

                   


                   

                  記念すべき1回目がいきなりコレかよ!

                  というツッコミが聞こえてきそうですが、コレを一発目にチョイスするのもアテクシぐらいのモンでしょうよ(笑)

                   

                   

                  皆さんご存知、1980年代を席巻したLAメタルの代表的バンドであるDOKKEN。

                  1994年に再結成した彼らがリリースした通算6枚目のスタジオアルバム(再結成後2作目)になりますな。

                   

                  1990年代中盤というのは多くのHM/HRバンドがダークでヘヴィなサウンドに挑戦するも、その殆どがPANTERAやKORNやNIRVANAの超劣化コピーという有様で、新規ファンには見向きもされず旧来のファンからも見切りをつけられ、ふと気付けば焼け野原に死屍累々…という、ヘヴィメタル的にはまさに悪夢のような時代でありました。

                   

                  お察しのとおり、1980年代に一時代を築いたDOKKENとて例外には非ず。

                  再結成作の『DYSFUNCTIONAL』でも当時シーンを席巻していたヘヴィロックサウンドへの接近が賛否を呼びましたが、このアルバムはもう完璧にグランジ路線。

                   

                  往年の彼らを知る方からすれば、1曲目からして

                  「おおう…」

                  となってしまうことでしょうが、まぁ冷静に聴いてみるとバラード系を中心に、曲単位だと意外に悪くなかったりもします。

                  リリース当時と比べれば、こういうスタイルの音に対する免疫も出来ていますしね。

                   

                  ただ、作品全体に漂うダルダルでノッペリとしたグルーヴ感はいかんともしがたく、スタイル云々以前に音楽としての説得力が致命的に弱いというのは否めないところかなと。

                   

                  でも何故か2年に1回ぐらいのペースで

                  「なんか久しぶりに聴いてみようかな」

                  「今聴いたら、ちょっとは良さが判るかもしれない」

                  「おおう…」

                  というのを繰り返しているあたり、もしかすると未だに気付いていない魅力が潜んでいるのかもしれませんが(笑)

                   

                  ちなみに、いわゆるモダン(死語)路線なら、ジョージ・リンチがバンド脱退後にLYNCH MOB名義でリリースした『SMOKE THIS』(1999年)アルバムの方が遥かに楽しめたりしますね、個人的には。

                  ジョージ・リンチの火を吹くようなギタープレイとミクスチャーロックとの邂逅はなかなかに興味深いものがあります。

                  売れたかどうかは別にして(笑)

                   

                   

                  この手の、絵に描いたような

                   「ヘビメタバンドが時流に乗っかって似合いもしないグランジ路線に挑戦してみました」

                  というアルバムは他にもいろいろありますので、折に触れて紹介…できるほど持ってません!(笑)

                  2017.06.19 Monday

                  くちゅ

                  0

                    はいどうも、はまっちです。

                     

                    ウォーキングしておりましたところ、歩道に何らかの異物が!

                    この御時勢、少しでも異常を感じたならば、即座に然るべき機関へ通報せねばなりません。

                    恐る恐る近寄ってみたところ

                     

                     

                    靴

                     

                     

                    ど う し て こ う な っ た

                    ( ^ω^ )

                     

                     

                    なんとも想像を掻き立てる、謎めいたシチュエイション。

                     

                    何故こんなところに靴が片方だけ落ちてているのか…

                    持ち主は一体どうやって歩いて帰ったのか…

                    果たしてこの事態に気付くのはどのタイミングなのか…

                     

                    疑問は尽きませんが、それよりもなによりも。

                     

                    「写真で一言」っぽくボケようとしたものの、全く何も思い浮かばなかったという屈辱だけが、今の僕の胸を去来しています。

                     

                     

                    おしまい。

                    (話を膨らませていこうという気力が無い)

                    2017.06.18 Sunday

                    おまるからの卒業

                    0

                      はいどうも、はまっちです。

                       

                      『進撃の巨人 2nd Season』最終話も面白かった!

                      ていうか、全く物語の状況が理解できてないんですが…

                      しかもたった1クール12話で完結とか、聞いてないヨ〜

                      この状態で来年のSeason3まで待てとか、それは殺生やでぇ!

                      もう原作読んじゃおうかな…

                       

                       

                      それはさておき。

                      ベビーベッドや揺りかごなどに引き続き、おまるや補助便座シートもとうとう御役御免となりました。

                      長年のお勤め、本当に御苦労様でした。

                       

                      おまる

                       

                      補助便座

                       

                      恐らくそう遠くないうちに、きっとオムツも買わなくて済むようになるでしょう。

                      お子様方がそれぞれ成長してくれていることへの喜びと同時に、一抹の寂しさも禁じ得なかったりしますね。

                       

                      いずれにしましても

                      「この おまる からの 卒業〜」

                      と歌いたくなってくるというものですね、尾崎世代としては!

                      (てきとう)

                       

                       

                      そして近い将来、また別の意味でオムツが必要になる日が来るのでしょう…

                      「漢方薬飲んでも治らねぇのは、恋の病と老化現象」ってね!

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM